Entries

常任ブログ書き納め

ブログを見てくださっている皆さん、こんばんは。
第64期常任委員会副委員長の伊佐野です。
後輩から「四年生の皆さん全員、順番は委員長が最後なこと以外適当でいいのでブログ書いてください」と言われてから3ヶ月(?)が経つ頃であろう今日、ブログページを開いてみればトップバッターの酒井しか書いていないという事実に驚愕しています。まあ斯く言う私も今の今まで延ばしてきたので他人のことを言える立場にはありません。後輩の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳なく思っています。

さて、ついに最後の仕事である第57回全国七大学総合体育大会、通称七大戦の閉会式を終え、名実共に引退となりました。私個人は七大戦の勝敗に関わる競技に参加していた訳ではありませんが、我らが東北大学の大野総長に就任初年度七大戦優勝という功績を贈ることが出来て嬉しい限りです。ここから大野総長就任時より負け無し! という伝説が生まれることを期待しています。

あまり仕事の話ばかりしていてもつまらないでしょうから、そろそろ話題を変えましょう。この夏休みに私がした、よく考えると何やってんだろう、ってなる企画を二つご紹介します。
一つ目、新宿から八王子まで歩く。
google先生曰はく7時間で着くらしいのですが、まあ流石にそんなうまくいくなんて想定せず、ゆっっっくり歩いて休憩挟んで寄り道して、半日(12時間)くらいで着いたらいいな、という計画でした。計画と言っても、ただただ大体真っ直ぐ歩きつつ、道沿いに気になる場所があったら寄って(時間が無いので大体は外から見るのみ)、コンビニで休憩するだけですが。実際は、多分ですが14時間くらいかかりました。途中で思わぬ道草をしてしまいましたので、妥当なところでしょう。調布航空宇宙センター、近藤道場撥雲館、調布飛行場横の武蔵野の森公園辺りが印象的でした。めっちゃ足痛かった。
八王子で銭湯に入って、電車で数駅のところにある友人がバイトしている呑屋に行って、友人の家に泊めてもらいました。ただ、終電を逃したので友人宅までまた長々と(?)歩く羽目になりましたが。いやー、よく歩いた一日でした。この日だけは万歩計でも持ち歩けば面白い記録が残ったかな。

二つ目、苫小牧から室蘭まで自転車の旅。翌日復路。
こちらはgoogle先生曰はく徒歩12時間とのことだったので、ゆっっっくり漕いで休憩挟んで寄り道して、12時間あれば流石に着くやろ、という計画でした。こちらもただただ大体真っ直ぐ漕ぎつつ、道沿いの気になる沼を見に立ち寄って、海を眺め潮風を感じつつ、道沿いに気になる場所があったら寄ってコンビニで休憩、という大体変わらないプランでした。実際は行こうと思っていた終着点の手前でストップし、10時間くらいでしたね。錦大沼公園、ポロト湖、新日鐵住金工場辺りが中々面白かったですかね。新日鐵工場は多分もっと先まで漕いでいればもっと綺麗な景色が見られたのでしょうが、正直限界でしたのでやめてしまいました(笑) また、休憩した地点でおっちゃんに話しかけられてお喋りしたのも旅っぽくて良かったです。めっちゃ足痛かった。
復路は寄り道少な目でしたが前日の痛みを引きずっていたので更にのろのろ漕いで登りは降りて押しました(笑) 立ち寄ったたまご館のそぼろ丼とプリンがおいしかったです。
あ、因みにままちゃりでした。

何故こんなことをしようとしたのかはその時の私に聞いてください。もしこれを読んでインスパイアされた方がいれば、是非実行に移し、感想を聞かせてください。語り合える時を楽しみにしています。
あ、でもそう言えば某委員長の新社員研修で40kmを早歩きしたとかって聞いたのでもしかして別に珍しいことではないのかも。…いや、これ聞いた時に、は? なんで? って言った気がする。特大ブーメランだということに今しがた気付いてしまった…。

随分長く話してしまいました。これを書き終えれば正真正銘現役としての常任の仕事は終わり。あるとしたら折角出来た時間を使って後輩とご飯を食べたりお話したりすることくらいでしょう。仕事というよりかは趣味…というか、予てよりしたいと思っていたことです。

最後に、一緒に仕事をしてくれた先輩、同期、後輩の皆様、大変お世話になりました。身内以外には理解されにくい組織ですが私は何だかんだ好きなので、これからもよろしくお願いします。

皆様が、常任でやりきったことを最後に誇れますように。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://taiikubujonin.blog65.fc2.com/tb.php/558-2415a3db
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

jonin

Author:jonin
日陰で日々仕事に励む大学生たち。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる