Entries

このブログって誰が読んでるの?

お久しぶりです、事業局三年の月岡です。

去年の春スポと秋スポ、今年のスポフェスを終えて、ついに僕が正責任者として動くすべての仕事が終わりました。
晴れて引退。長い道のりであった…。
これで悠々自適の余生を送れるかと思っていましたが、来る北雄杯駅伝のサポートや役員会の準備でまだしばらくは休めなさそうです。

このまま終わったら短すぎるので昨日のごっつぁんの話をしましょう。
昨日は奇跡的に部活が休みだったので、久しぶりに常会後のごっつぁんに参加しました。
先輩方いつもごちそうさまです。
ごっつぁんに行けるということでどこに行こうかいろいろ悩んでいたところ、神のお告げが聞こえてきました。
「ラーメン二郎、今週は月曜も営業します!」

二郎。ひとつの丼に野菜、タンパク質、炭水化物が美しく詰め込まれ、スタミナの付くニンニクまで入っている究極の食事。
1000円足らずで手に入る完全食。野菜お代わり自由な実質サラダバー。
旨くて多い食事の鑑。この味はDNAにすばやく届く。
幸せの黄色い看板。この世の天国。
体は二郎でできている。

というわけで5人で二郎に行きました。
M田とA達は二日連続の来店らしく、プロの魂を感じました。
5人それぞれのラーメンがほぼ同時に到着し、未奈無言で一斉に食らいつき始めました。
まずはM田が大麺100マシを一瞬で完食。二郎を食べ終わったとは思えない涼しげな顔でさっそうとバイトに向かいました。
T居、N部、A達は小を余裕の完食。T居は初来店だそうですが最後までペースを落とさず食べきりました。偉い。
僕は大全マシマシにキムチと生卵。初めてトッピングを頼みましたが、二郎との余りの相性の良さに涙が止まりませんでした。感謝の完食。

二郎は最高です。
仕事や部活でくたびれた時、勉強に飽きた時、何もかもうまくいかない時、人生に疲れた時。
どんなときでも二郎は平等に迎え入れ、暖かく歓迎し、私達迷える子羊の腹を満たしてくれます。
二郎を信じるものは救われます。

以上で終わります。誰か読んでるのかな、このブログ。
スポンサーサイト

春が遠い

こんにちは、会計局3年の高橋です。


GWもあっという間に終わり、梅雨が近づいて来てますね。季節は夏に近づいています。


ただ、個人的にはまだ春が来た気もしていません。

左肘の故障で春季リーグ戦は投げられません
でした。完治まであと1ヶ月半かかるとか…
私生活でも春が遠いです。


そんな長い冬の中ですが、希望を捨てず、筋トレに励んでいこうと思います。
ひと回りもふた回りもデカくなってやろうと思います。物理的に。


以上、ボディビル部(仮)の高橋がお送りしました。最後まで読んでいただきありがとうございました。

お疲れ様です
広報局三年の田中陽樹です
ブログを書けと言われても全くネタが無くて困ってしまいますね...
ですので、失礼します笑
良い一週間をお過ごし下さい

猫カフェ

こんにちは。競技局3年目の中村颯汰です。


GW、どう過ごしました?私はせっかくのGWということで、これまで行ったことのない場所に未来のパートナーを探しにいきました。

そう、猫カフェです。

ただ一人で行く勇気が無かったので、猫に興味のある友人2人(ともに雄)と3人で挑みました。ここからは猫カフェで気づいてしまったことを書こうと思います。

1つ目。猫カフェは男だけでも楽しめる。GWということもあり、猫カフェには結構な人がいました。親子連れや手練れの女性ソロプレーヤー(おそらく常連)、そして一番多かったのがカップルでした。まあ容易に想像できることですね。そんなアウェイともいえる状況ではありましたが、猫さんはエサを与える者にはほぼ平等に応えてくれます。まさにアイドルですね。アイドルといえば握手会。握手会といえば男の群れ。はい。男だけで楽しめるのは当然ですね。

2つ目は彼女を欲していないのではないかということです。最近、彼女できねえかな。が口癖になっていたのですが、猫と触れ合い、私の渇きの正体が癒しの欠乏と寂しさだということに気づいてしまったからです。

3つ目。私は来世のために徳を積んでいるということです。猫と戯れて数分、くしゃみが4,5回出ました。そして目が痒くなってきました。その後もくしゃみはちょいちょい出続け、家に帰ると目の充血と涙が止まりません。皆まで言う必要はありませんね。

以上が初猫カフェ体験が気付かせてくれたことです!結局未来のパートナーを探しに行ったつもりが1種減らした感じになりましたが、克服できると信じ、これからも猫カフェには挑もうと思います♪

Appendix

プロフィール

jonin

Author:jonin
日陰で日々仕事に励む大学生たち。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる