Entries

初めまして、夏

三年次よりすっかり準レアキャラとなってしまった、広報局長の高橋です。
局長と言っても、残り数時間でその座を譲ることになるわけですが……どうせなので、引退ついでに少しだけ常任での思い出を振り返ろうかと。

事の発端は部活での役職決めでした。アーチェリー部での役職を決める際、適当なあみだくじで常任入りが確定した三年前の秋。当時はどんな仕事をするのかもわからずにいましたが、とにかく雰囲気だけは良い場所だと感じていました。体育部室の住環境が僕の家より良いのは今も昔も変わりません。
色々と雑務をこなし、広報局に配属されて、生来モチベーションに波がありすぎる気質の僕でも何とかやってこれました。
真冬の部室にこもってソシャゲしたり、北雄の作業分担をせずに九割方自分だけで作業したり、「足が無い」という理由でごっつぁんに行けなかったり、折々で思わず顔を顰めてしまう場面も多かったと思います。
しかし、就活中は面接で話のネタが尽きることは無かったですし、何だかんだ楽しい同期や後輩との縁も生まれたし、総じて語るなら悪くはなかったんじゃないかと感じました。

そんな常任での生活も残りわずか。
小中高を通して春秋が何かの節目になることが多かったのですが、まさか夏真っ盛りのこの季節が「別れ時」になるとは。
別れを越えて、新たな春へ。別れを越えて、新たな秋へ。
今までとは異なる夏のど真ん中でのお別れなのに、去り際の言葉が同じでは面白くありません。
常任で過ごす夏を終えて、再び新たな夏を迎える。それは過去のどんな夏とも違う、新しい季節。
だから、この言葉をもって僕の常任生活を終えたいと思います。

「初めまして、夏」
スポンサーサイト

随想


このブログをいつも読んでくださっている読者の皆様、お久しぶりです。第63期の競技局長の沓澤です。もうあと9時間ほどで常任の任期を終え、ただの応援団員(といってもこちらも近々引退)となります。思えば、いろいろなことがあったなぁとしみじみと物思いにふけりたいと思います。

始まりは1年の秋の終わり頃。応援団の方で正直絶対入らないと思っていた念願の新入団員を獲得し、同期が増えたら常任委員会に入りますよ!!と冗談交じりに宣言していた私は当時の副委員長の平川伸先輩(このお方は応援団で団長も務められた神のようなお方でした)に引っ張られ、無事に?常任委員会の仲間入りを果たしました。これが、後々私にとって最高かつ最悪のものとなった常任委員会との出会いでした。

そこからは、いろいろな事がありました。汚い下ネタ類まれなる笑いのセンスを武器に同期から一歩抜きんでての名物部員への昇格。競技局員になり四賞の仕事を務め、落単、応援団、常任全てのストレスからプチ鬱になっていろいろな人に相談したこと(応援団の先輩でもあった永井先輩、サシで話を聞いてくださった中野さん、同期の齋藤には特にお世話になりました)。この時は常任に入ったことは後悔でしかなく、やめようかと何回も思っていましたが、私の臆病な性格も相まって大それた事は出来ず幸運にもここまで続けることが出来ました。そして幹部学年になってからは、仕事が減った分、人を動かすことの難しさを思い知りました。後輩に上手く指示を出すことの難しさを知りました。しかし、競技局の後輩たちは幹部が一人しかいない中、皆自ら考えて仕事をし、行事を成功させてくれました。競技局の後輩は皆とても優秀だと思います(特に女子)。これからも仲良く楽しく、常任一面白い局にしましょう。

最後になりますが、昔あれほど早く辞めたかった常任委員会ですが、いざ引退となるととても悲しいです。それだけ、私にとって常任は楽しく、そして甘く切なかったので御座います。常任は地味と思われがちですが、極めるととても奥深い、カレー作りのようなものです。常任の良さを今後前面に押し出していきましょう。みんなならそれが出来る。ネバーギブアップ。

最後になりますが、こんなろくでもないポンコツな私を温かく支えて下さった関係者の皆様に、厚く御礼申し上げます。今まで本当にありがとうございました。

さらば友よ

沓澤

北海道インカレからの~引退!!

こんにちは、4年総務局長の齋藤です(^∇^)ノ ここのところ仙台は暑いですね。
実は先日、卓球部の大会で北海道に行ってまいりましたが、北海道も猛暑でした(゚д゚)汗
お土産のチョコレートが溶けるんじゃないかと心配しましたが、暑いおかげでジェラートがとってもおいしかったです❤
海鮮・ジンギスカン・スープカレー・ラーメン・台湾混ぜそば・ジェラート・チョコ・六花亭のレーズンバターサンドアイスなどなど、北海道で食い倒れできたのは幸せの極みでした❤
はあ~体重計に乗るのが怖いですね❤

そしてそして、わたくし齋藤亜衣は、この大会をもちまして、卓球部を引退することとなりました。
いろんな人に応援してもらったのに、引退試合はまったく自分の展開にできず、ボコボコにされて悔しかったです。
でも、チームメイトが激戦を制した結果、団体戦としては去年よりも良い結果となりました。
やめたいって思ったこともあったけど、結果的に卓球を続けてよかったです。
これからはかわいい後輩たちの時代。先輩として、これからも応援していきたいです(#^.^#)

そして、今月いっぱいで私を含め現幹部は常任委員会を引退します。
本来就きたかった役職ではなかったけど、先輩・同期・後輩の様々なつながりができたし、毎日楽しかったです((^∀^*))
あとちょくちょくみんなに愚痴を言って迷惑かけてすみませんでした。
それでも、愚痴を冷静に聞き流してくれてありがとうございました。
一年前には、先輩たちが抜けて、私たちで大丈夫かな~と心配でしたが、先輩のアドバイスや同期・後輩たちのサポートのおかげで、なんとかやっていくことができました。ありがとうございました。
また、特に総務局のみんなは、頼りない私についてきてくれてありがとう。部活やら就活やらで役員会準備が手つかずだったときも、自発的に取り組んでくれて助かりました。
私が抜けてもみんなは絶対大丈夫だって安心してるけど、困ったことがあったらいつでも連絡してくださいp(*^-^*)q

みなさま、ありがとうございました。
私の奉仕の精神とポムポムプリンへの愛は永遠です。
長文失礼いたしましたヾ(・∀・)ノ

急募:睡眠時間

お疲れ様です。事業局3年の狩野です。

早いもので、ついこの間まで大学入りたての我々も3年の6月です。文系は就活、理系は勉強三昧です。文系の私は理系が羨ましくてたまらない今日この頃です。

控えめに言ってストレスがマッハです。マッハです(強調)

まぁいずれは理系も就活するんですが、それでもその2年のモラトリアムは眩しく映ります。何気にどんどん本気を出してきたゼミの忙しさも相まって、前々回に某競技局3年に言われたように、豆腐メンタルの私は現在精神的に死にかけております。休息が欲しい(´・ω・`)

話は変わりますが、最近Youtubeの『からめる』氏の動画にハマっています。シンプルな動画で時間も大体の動画が1分以内に収まっていますが、登場人物の唐突なテンションの上がり様と爆発具合(比喩ではない)に驚異的な中毒性があり、私としては大変気に入っております。

因みに私が最も気に入っているのは『残業』です。定刻通りに退社出来ないサラリーマンの悲哀が存分に表されています。この社畜に我々も加わるのだと思うと感慨深いものがあります(白目)

ここまで取り留めのないことを述べてきましたが、常任の代交代のことを考えると寂しくなります。今の4年の先輩方には本当にお世話になりっぱなしでした。右も左もわからなかった自分たちに優しくしてくれた方々なので、部室から居なくなる事を考えると喪失感が途轍もないです。それでも自分たちがトップになって後輩の皆を引っ張っていけるよう、前を向いて努力していきたいと思っています。

以上で失礼させていただきます。

Appendix

プロフィール

jonin

Author:jonin
日陰で日々仕事に励む大学生たち。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる