Entries

お初にお目にかかります。

初めまして、卓球部1年の山脇です。


今月から本格的に活動するという事で、ブログを書かせていただくことになりました。
少しでも体育部のサポートに役立てたらな、と思っています。


僕ともう一人卓球部から常任に入る男がいるのですが
彼と、どちらが真の5万円にふさわしい男か、激しい戦いになると思います。
1万円のほうの人、だなんて言われたらつらいです。泣いちゃいます。


さて、ブログでは、自分のことを書こうかと思いましたが、書くほどのものでもないので、
代わりに部活の先輩であり、常任の先輩でもある藤田先輩について書きたいと思います。


藤田先輩は一つ上の先輩で、僕と同じ静岡出身であり、
よく、東海道新幹線の「のぞみ」が静岡県で止まらないことに対してdisり合ったりしています。


のほほんとしたおおらかな性格で、時々ぼくにすき屋の牛丼を奢ってくれます。やったね。


今日も、ぼくに差し入れの「白い恋人」をもってきてくれました。
おれはもう食べたからさ、とのことです。


そんな後輩思いのやさしい藤田先輩が大好きです。卓球部1年一同より。



ぼくも来年には、部活の後輩に奢ることができる太っ腹な先輩になりたいです。


というわけで、これから常任の個性豊かな先輩方に埋もれないように
早く仕事を覚えていきたいなと思います。


以上です。今後ともよろしくお願いします。

スポンサーサイト

七大戦のこと


どうも、広報局2年の笹山知嶺です。
しばらくブログの更新が止まっていたので、なんか書こうと思います。

twitterやホームページでお知らせしている通り、第52回七大戦は東北大学の優勝で幕を閉じました。
七大戦に出場された各部のみなさん、お疲れ様でした&おめでとうこございます!!



先日、大阪で開催された七大戦の閉会式に参加してきました。
2年後に東北大学主幹で開催される第54回七大戦を運営する立場として、貴重な体験ができたと思います。

閉会式後の飲み会の場で、大阪大学体育会委員長の阪下さんがおっしゃった、
「主幹大として七大戦を運営するにあたって、七大戦の仕事はもちろん、通常業務も疎かにしてはいけない。」
「自分にできることを徹底してやり遂げる。」

という言葉に身が締まる思いでした。1年間運営に携わった方の言葉には、さすがに重みがありますね。

僕は特に重要なポストで立ち回ることはないかなーって感じですが、実行委員長の補佐として実行委員長の負担を軽減できるよう、自分のできること、自分にしかできないことをしっかりかっちりこなしていかねば、と思います。



52回大会が終わったばかりで、まだまだ54回大会についてはボヤーっとして具体的なことは全然ですが、東北大一丸となってよい大会にしたいですね。

第52回七大戦を成功に導いた阪大実行委員会のみなさん、お疲れ様でした。


追記を表示

ネタがない

第六十期総務局長になりました、青野と申します。
ほとんど興味のなかった常任にひょんなことから入ることになり、もう少しで2年が経ちます。
入部して何が一番良かったかといえば、専門科目の過去問がもらえたことです。

さて、東北大をスポーツの面から盛り上げるにあたり各体育部のサポートはもちろん、一般学生への周知も大切だと思っています。掲示板やツイッターなど様々な方法がありますが、それぞれをうまく使っていければなあ、と思います。はぎのすけを味方につけたら強いでしょうね。
いつか「チーム『東北大学』」という(オリンピックで日本を応援するような?)感じで、全学生が一丸となって東北大学を盛り上げていけたらいいなあ、とか夢見てます。


七大戦も終盤戦となり、現在5.5ポイント差で2位につけています。優勝のチャンスは十分にあります。ぜひ頑張ってほしいです。

第60期

こんにちは。
第60期常任委員長に就任しました奈良です。
新体制初のブログを書かせていただきます。

ちょうど先週で夏休みも終わり、
今週から仕事がスタートしました。
そして9月18日にはFAが開催され、
9月21、22日には大阪大学での七大戦閉会式、委員長会議が行われます。
新体制となったばかりで、まだいろいろ大変なこともありますが、
部員一同団結し、更なる体育部各部のサポート、
東北大のスポーツ振興に向けて精一杯取り組んでいきたいと思います。

第60期の目指す方向性として、私は以下の4つの目標を掲げさせていただきました。

①体育部各部のサポート

②一般学生へのスポーツ振興

③学友会の広報活動の推進

④各部間の「つながり」の強化

①、②に関しては昨年の目標を引き継がさせていただきました。

③につきましては、学友会の活動をもっとたくさんの人に知ってもらえることができれば、
例えば七大戦などの各種大会においても、部活動に所属している学生はもちろんのこと、
所属していない一般学生も東北大の一員として、一緒に盛り上がっていけるのではないかと思い、
この目標を掲げました。
また大学内への広報だけでなく、学外への広報活動も強化し、
東北大学の部活動がどのような活動をし、どんな活躍をしているのかということを、
地域住民の皆様にもご理解してもらい、応援してもらえるような学友会になっていけるのならば、
これ以上望ましいことはないと思います。

④については各部間の横のつながりも強化していけたらと思い、
挙げさせていただきました。
例えば、各部が抱える悩みや不安を話すなど、もしくは各部の大会や戦績のことについて報告するなど、
そういったことを本音で話し合える場がもっとあれば、
各部の不安解消にもつながり、各種大会への士気向上にもつながっていくと思います。
そのような場をどのように設けるかについてはまだ検討中ではございますが、
各部同士がもっと交流できる場があってもいいのかなと思うところではございます。

以上のような4つの目標を新体制では掲げましたが、
これらの目標を達成するためには、各部の皆様、OBの皆様、活動支援課の皆様、
多くの方の協力が不可欠になってくると思います。
今後とも至らないところは多々あるかもしれませんが、
何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

そして最後になりましたが、前委員長の門脇さんをはじめとする旧幹部の皆様、
本当に今までありがとうございました。
自分たちも旧幹部が守り作り上げてきた体育部の伝統を
引き継いでいけるように頑張っていきたいと思います。

長くなりましたが、これからも学友会体育部をどうぞよろしくお願いいたします。

Appendix

プロフィール

Author:jonin
日陰で日々仕事に励む大学生たち。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる