Entries

ふと思った(2)

こんにちは。
先週に引き続きパーラーです。


昨日伝説の勇者の伝説のアニメを見終わりました。最終回、終わると思ったら何かが始まりました。以降は小説の方できちんと抑えておきたいと思います。いやー、久しぶりにアニメを見ました。そのうちTales of symphoniaのOVAも途中までしか見てないのできりの良い所まで見納めたいと思います。

さて。
「ひぐらしのなく頃に」についてです。中学時代になんてグロい作品なんだろうと思ってました。去年大学に入ってYoutubeでサーフィンしててみつけた「you」あれを聴いて興味を持ち、漫画を全巻借りて読破しました。

なんて美しい作品なんでしょう。グロい?とんでもない。それは一面にすぎません。あれは仲間との絆の大切さをうたった、最後まで読めば感動する作品です。ぜひ読んでください。
スポンサーサイト

追記を表示

ふと思った

今日は月曜日。
定例の常会がありました。

今日の出席者は3分の2ほど。自分はまだ2年ですが先輩方は実験や研究室で忙しいらしくあまり来られていませんでした。しばらくすれば代交代をするわけですが、自分たちも常任、ひいては体育部を支えるために頑張らなければなりませんね。



さて。
このブログは常任の活動とは無関係な記事もあるので真面目はここまでで辞めます。

今やっているFate/zeroって見てて切なくなりませんか?ボクはかなり切なくなります。切嗣が正義に憧れて戦いその想いは聖杯のとある真実によって破綻するわけですが、その時に士郎を救います。そして士郎は切嗣に憧れ、彼も正義の味方であろうとするわけです。

そこでFate/stay nightに話は移ります。士郎はそこで聖杯戦争を経験するわけですが、将来は英霊エミヤと成り果てます。英霊となった彼は来る日も来る日も世界のために戦うわけです。

自分は彼が無数の戦いの連続で精神が磨耗したとか言う点については無関心です。

自分が心打たれる点は、誰にも振り返られず終わりも来ないという点です。切なくなります。そういう点ではxxxHolicの四月一日に関しても切なくなります。

皆さんもそんな作品に出逢ったことはありますか?


以上パーラーでした。

カエルの子はオタマジャクシ

桜はほとんど散り、力強い緑色がみられるようになりました。
新緑の季節、5月ですね。

先日西公園をうろついていたところ、小さな池でオタマジャクシが泳いでいました。

カエルの思い出はいろいろあります。
カエルの卵を発見して観察したり、ちびガエルをみて和んだり、こぶし大のオタマジャクシをみて驚いたり。カエルは小さいころにふれあいやすい(?)生きもののような気がします(もちろん苦手な人もいますが)。

そういえば仙台に来てカエルを見たことがありません。6月になったらまた西公園をさまようことにしましょう。
カエルの大合唱がきけるといいなあ。

Appendix

プロフィール

Author:jonin
日陰で日々仕事に励む大学生たち。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる