Entries

【現象】
マジシャンがポケットからサイコロとカード1~6の数字の6枚のカードを
裏向けに重ねて テーブルに置きます。 これから このサイコロを使って
あなたがサイコロを ふって出た目の数を カードを 弾いた音で 
カードで さいころの出た目を当てます・・・と言います。
観客の一人に それでは、私と 同じことを 私に見せないでしてください
サイコロを ふり 出た目だけ カードを上から下に回してくださいと説明して
例として、マジシャンがサイコロをふりますと 2が出たとします。
カードを上から2枚 順番に下に回します。
それでは、私は 後ろを向いていますので・・・・と言って
観客の一人に あなたもサイコロをふって出て目を覚えて 出た目の
数だけ カードを上から順番に 下に回して貰います。
出た目のサイコロの数字は マジシャンにわからないように隠して貰います。
裏向けに重ねたカードを観客に持ってもらって・・・上から1枚ずつ 
順番に カードの端を指で弾いて音をたてて貰います。
1枚目の音を マジシャンが慎重な顔をして聞いていますが・・・
それでは、ありません・・・2枚目も・・・違います・・・
3枚目も違います・・・4枚目に マジシャンが それだと叫びます。
カードを見てみると カードの数字が3です。サイコロが出た目は 3ですね!!
観客は はい、その通りですと・・・見事に 当たります。
【準備するもの】
サイコロ 1個 トランプ(カード)1~6の数字6枚
【トリックの解説】
カードを表向けて 上から6・5・4・3・2・1と重ねて 重ねたまま裏向けにします。これで準備OK




【演技】
観客に 私の通りしてくださいね・・・と 演者が お願いします。
演者が サイコロをふって見せて 2が出たとします。
裏向けに重ねたカードを 上から1枚・2枚と順番に下に回します。
裏向きのカードの順番が上から3・4・5・6・1・2となっています。
観客に 同じことをして貰います。3の目が出たとします。
マジシャンと同じようにカードを上から3枚順番に下に回します。
上から 6・1・2・3・4・5となっています。
マジシャンがふったサイコロの数字は2でしたので・・・・
6から2を引くと4ですので 4枚目のカードの数字が観客がふって出た
サイコロの目の数字となります。
マジシャンがふって出た目の数字を 6から引くと 必ず 観客がふって出た
サイコロの目の数字が カードの数となります。
スポンサーサイト

井上くーん

今月3回の更新いずれも私です。もはや私個人のブログですね。乗っ取る気はさらさらないんですけれどね。

実は3日前、井上君に更新してもらおうと思ってお願いしたのです。
そしたらまじめな彼はすぐにパソコンに向かってカタカタやりだしたので、私は安心しきっていたのです。

その日の晩に私は「さて、彼はどんな事を書いているかなー」と胸を躍らせてこのブログを確認しました。

まあ、彼は慣れていなかったんでしょうね・・・。
結果は言わずもがなです。

更新されてないことを話のネタにするのはいかがなものかと思いつつ、やっぱり心情を吐露したくなってしまいます。

話題を転じましょう。

今週は私、テスト・レポートがあまりないので小休止です。
先週・今週・来週のテスト・レポートの数を列挙すると、

先週:テスト5、レポート1
今週:テスト1
来週:テスト2、レポート2

という感じです。今のところ全滅です。
来週は再再履修の一般教養の試験があります。頑張らなければ。

なんかもう飽きた。


諸々のこと

学友会広報誌の原稿集めに追われています。

今まで仕事をしてこなかったのが諸悪の根源なのですが。またしても。

創刊号の発行に当たっては他の方々におんぶにだっこだったのでノウハウのノの字もわからず、今いろんな人に質問してようやく仕事の骨格が見え始めたところです。

体育部常任委員会から学友会広報委員会に派遣されているのは現在私一人ですので、是が非でも私が仕事をせざるを得ないという状況です。

こうして一つの仕事に対して正面から向き合ってみると、自分がそれに対して負うべき責任が明晰になってきます。
この広報誌は、私の努力次第で実のあるものになる可能性もありますが、逆に私の怠慢によって薄っぺらいものになってしまう危険性もはらんでいます。

他人任せにしていたうちは、自分がこの問題を直視していなかったのです。

今、この広報誌を生かすも殺すも私の責任なのです。

この広報誌発行に際しては大学から多くの予算を割いて頂いています。年に3回程度発行、配布する対象は全学に及ぶので、学友会のPRには効果が大きいと思われます。

前回、今回ともに少しの部活動しか紹介できませんでしたが、今後は様々な部活動について紹介できるようにしたいと思います。
そのためには各部の情報について常にアンテナを立てておく必要があることでしょう。
そうして各部と向き合っていくことがすなわち各部のサポートを目的とする常任委員の一人としての成長につながると信じたいです。

松本

追記を表示

頌春

平成23年がスタートしましたね。

年明け一発目からジャックで恐れ入ります。でもやっぱり新年ですから、あんまり遅くならないうちに挨拶があったほうが決まりがよいと思ったのです。


今年の個人的な目標を申し上げますと、新規の賛助を最低でも3件獲得したいと思います。

昨年は自分の都合を優先させすぎたあまり、小林(慶)をはじめ多くの方に相当苦労をかけてしまったので・・・
昨年の常任における自分の貢献度の低さをチャラにできるとは思っていませんが、寛容でいてくださった皆さんの恩に少しでも報いたいと思います。

積もる話はありますが、冗長になるのもアレなのでこの辺で。

今年もよろしくお願いします!

会計局 準幹部 松本

Appendix

プロフィール

jonin

Author:jonin
日陰で日々仕事に励む大学生たち。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる