Entries

ニート卒業??

なんでかまた回ってきてしまいました・・・
なので書くしかないですね。はい。でいしです。

やっと卒論のテーマ決まりました~短かったニート生活ともおさらばです。
ただ今度は、先輩から
「徹夜続くから気をつけてね」と言われたので、ビクビクする生活になるだけです・・


「常任に対して言ってないこと」・・(?)

こんな私を3年間置いていただいてありがとうございました。

特に森山局長や会計の皆さん、
沢山迷惑かけて本当ごめんなさい。そして本当にありがとう。

こんな私が常任を続けることができたのは、
常任皆のおかげなんですよね。

私はポテンシャルが極端に低いから、1人でできることは限られています。
でも皆の助けがあったからできたことはちゃんとあって
それは1人の時よりずっと多かった(と確実に思う)

私がいることで常任に利益があったかというとそれは無いだろうけど・・・
(むしろ迷惑かけすぎたもんね)

とにかく、えらいことは何も言えないですが、
ポテンシャルの非常に高い後輩の皆さまには、
向上心を持ってやってほしいですね。
せっかくやる気があるのにないがしろにするのはもったいないので。

あとひらかんぶの話は納会のすみっこでします。

なので今度こそブログはここまでで。

あれ?そいえば幹部で1人書いてない人がいますね。

次は彼に回しましょう。湯山君。てか時間ないから今日中に書いてね~

それでは皆さん本当に今までありがとうございました!!
スポンサーサイト

このブログが最後じゃなかったらお前の首都がワルシャワになるしーwww


 どうもこんにちわ。総務局長やらせてもらってた竹中です。

 
 森山さんに若干ハードル上げられたような気がしますが当番日の時間を利用して書いてみたいと思います。なに書こうかな。


 皆がいいこと書いているんで、僕が言いたいことは大体言ってくれてるということにしたいんですが…。少しだけ書きますね。

 常任はいったのはジャンケンで勝ったせいでしたが、この三年間とても楽しかったです。色々ご迷惑をかけたと思いますが、こんな僕に付き合ってくれてありがとうございました。

 幹部になる後輩のみんなは、色々と不安があるかもしれないけど、こんな僕でも何とかなったんで大丈夫だと思います。みんな僕よりは上手くやれるはずなので、仕事が大変だと思うけど頑張ってね。

 大体こんな感じです。後は納会で話しましょう。

 
 あとは近況報告(?)でも。
 
 ・卒論のテーマが大体固まりました。夏休みは卒論のための勉強に使うことになりそうです。どこかに行きたいな~。合間にアーチェリーしたりするかもしれません。

 ・あとシルヴィアから借りた傘を一ヶ月近く返せていません。いい加減返さなければ。誰か一緒にいきませんか?

 ・ヘタリアが面白いです。イタリアかわいいよイタリア。見ないとお前の首都がワルシャワになるしー。

 ・日本史概論の試験で青森あたりの豪族同士の喧嘩について書きました。アーチェリー部の後輩と同じ名前(姓のみ)が出てきてニヨニヨしていました。もしかしてご先祖?ちなみに室町幕府が「北のこと頼むわ」って公式に認めてた人たちをボコボコにしていました。侵略超やめてー。

 

 どーでもいいこと

 ・今日オープンキャンパスでしたね。高校生いっぱいいましたね。僕は参加したことないので良くわからないんですけど、楽しそうでしたね。ここに来る途中で肩組んで頭を肩に寄せているカップルを見ました。男同士でした。きもいと思いました。付き合っているのかどうかは知りません。

 ・おととい麻雀をしました。目の前で国士無双をあがられました。でも他の人が振り込んだので楽しかったです。少しだけ勝ちました。

 ・体育会室内にアーチェリー部しかいません。一時は益子がいました。

 
 

 それではまた会う日まで。

 次は会計局に戻ってデイ氏で。じゃーねー。
 

 

もーいくつ寝ーるとー

おはようございます。
会計局長をしてました森山です。

最近は殆ど幽霊部員と化してますね。すいません。
特に出石や武村を始めとする会計局の皆さまごめん。

近況報告としては、毎日微粒子と戯れています。
可愛いよ微粒子(苦笑)。

で、最後のブログであろうし、何を書こうかと思ったけど…

常任でそんなに大したこともしなかったし、
他の幹部達がいいことを書いてくれている&書いてくれるであろうので、
まじめな話は省略。

あ、でも、これまで色々と関わってきてくださった各部の皆さま
本当にありがとうございました。
(このブログをみてる方はいないかもと思いますが…)


今日のラスト常会も行けませんが納会は多分顔出すのでよろしくね。

ほいじゃ、次期会計局長の武村頑張ってね。
私よりもまとも&できる子だと思っているので心配はしてませんが。

では、次はきっと面白い文章を書いてくれるであろう
縁の下の力もちだった竹中にお願い。

感謝!!

こんにちは、競技局長の郷右近です。
派遣元は少林寺拳法部です。
昨日はちょうど少林寺拳法部の幹部交代式があり、
なんだか今の時期が大学生活の中で一つの節目の時期なんだと
いうことをふつふつと感じています。
永富先生をはじめ学生支援課の方々や常任の皆、その他関係者各位には
本当にお世話になったので本当に感謝しています。

こういう時期なので
大学入ってから部活に入り、そして常任に派遣され
ここまで過ごしてきた日々のことをいろいろと思い出して
みたところ本当に話題に事欠かない時間をすごせたなと
思います。
決して楽しいことばかりではありませんでしたが、
どれも今の自分を形作る上で必要な経験であったと
今では思えます。

最後ですので
常任をやって学んだこと、後輩へのメッセージを
残したいと思います。

まず常任をやって実感したこと、いやこれは大学生活を
通して実感したことかもしれませんが、

きれいごとだけではすまない時がある

ということです。

皆が楽しく、仲良く、得をできるのが本当は理想なのでしょうが
必ずしも理想どおりには行かない状況というのが出てくるとき
があります。
たいていの場合は誰かが得をすれば必ず損する
人が出てくるでしょう。
そんな状況の中でも最善を尽くすことは重要です。
そのときに求められるのが

自分なりの理念なり意志であると

思います。
おそらく、自分だけのことになら
こうしたいとかこうあるべきだといったような意志を
持つのはそんなに難しいことではないと思いますが、
組織としてみたときに、こういう組織であるべきだとかの
理想像を描いている人は意外と少ないんじゃないかと
思います。それにそんなに簡単なことでもないと思います。

でもだからこそ、そういったビジョンを次期幹部を
中心にして早い段階から描いていってほしいです。それにそういった
ことを考えて行動すれば自分自身が成長するだけでなく
たぶんもっと常任というものが楽しくなってくると思います。

こんな偉そうなことを言いつつも私はそこまでうまくはやれませんでした。
自分自身もっと早く気づいてればよかったと思ったことだったので
最後にここに書かせていただきました。

それと競技局の皆に・・・
これまで仕事に協力してくれてありがとうございました。
かつて華の競技局と言われたときのように
勢いを取り戻して常任全体を盛り上げていってください。

他にもいろいろと言いたい事はありますが
長くなったのでこの辺で失礼します。
次は会計局長の森山にお願いしたいと思います。

またお会いしましょう

こんにちは 

副委員長事業局長をやらせていただいた庄子です




突然ですが、一昨年アイススケート部室という居場所を新たに持つようになって発見したことがあります

体育会室っていごこちイイな
ということです


いつ行っても受け入れてもらえる場所に、4年かけてなっていたんだなあと知りました


 知ったところで、引退なんですけどね

フラっと寄れて、話を聞いてくれる仲間がいる場所がなくなっちゃうことは寂しいです






えーと、では、ブログも最後なのでみんなにメッセージを残します




事業局長として…かわいい後輩がいっぱい持てて、わたし事業局でよかったです
 
 やさしさ謙虚さを生かしてみんなをまとめていってください
 これからも後輩を引っ張っていってください。あと車頼りになりましたアリガトウ
 冷静さと独自の視点、鋭い批判精神がすばらしいと思います
 礼儀正しさが君の武器だ!先輩と周りを信じてがんばれ
 スマートに仕事をこなすオシャレさんでしたね(笑)スキーも期待

 不在時のフォロー、コミュニケーションの手助けなどホント二人三脚でやってくれました
 独りだったらできなかったです。ありがとう




副委員長として…”みんな違ってみんなイイ”



一般各部活個性視点を生かせるような活動をしていってほしいなと思います
 部活も学部もバラバラ、それが常任の強みだと思うからです




②「ただの仲良し集団にならないように頑張ります」とは何年か前の幹部の決意表明でした
 が君たちはむしろ、

 仕事だけの集団にならないでくださいね

 仕事がとってもできる君たちなので、あとは遊び心♪とか忘れないでほしいナ 
(いや、飲み会の様子を見る限り心配無用!?)







などなど話がつい長くなってしまいました
いやいやもっと書きたいんだけどね、続きは一緒にごはん言って語りましょうネ



常任委員の皆さん、先生方、課外活動支援係の皆さん、企業の方、各部の方、事業イベントに参加してくれた東北大学生の方、七大学体育会のみんな!!

3年と4ヶ月、大変お世話になりました。本当にどうもありがとうございました。

それではどこかで、またお会いしましょう。

追記を表示

最後かもしれないだろ

これでブログを書くのが最後かと思うと少々寂しいですね。

委員長会議をもって大きな仕事も終わり、後は後輩達の勇姿を見守るのみとなってしまいました。

常任に入って、もう3年も経つのかという思いと、3年間長かったという思いと、まあどちらもありますが1つ言えることは、常任に入ってよかった!

最初は嫌だったんですよ、実際。

だってじゃんけんして入ってきたのにモチベーションもくそもないでしょ。

そんなやつが1年間ノリノリで委員長をやってきたなんて今思えば不思議でなりません。

きっと55期の新歓コンに来た人は想像だにしてなかったでしょうね。笑


まあ曲がりなりにも(相当曲がってたかもね)1年間委員長というお偉い役職について、学んだことはたくさんあります。

それを全部書いてたらあれなんで、強く思ったことを1つだけ。


「あえて突っ込んで行け」


これは委員長になって後半に思ったことなんだけど、もともと僕は何かする前に損得勘定をするほうでした。

メリットとデメリットを比べて、デメリットが勝っていたらほとんどアクションしません。(まあ普通の人はそうかもしれないけれど)

けど、そこにあえて突っ込んでいくんです。

突っ込んで行くと自分で想定していたメリットとは別の何かが必ずあります。それは突っ込んでみなきゃ絶対にわかんないことなんです。

そこで得られる経験はすごく大きいものだし、予想してなかった分嬉しいものです。

さらには精神的にも鍛えられるというおまけ付き。

人生を豊かにするのは経験の多さだと思うので、皆さんもいろんなことに突っ込んで言ってください。


抽象的で、若干常任以外の要素も盛り込まれてるけど最後なんで自分の思うことを書いてみました。

もっと言いたいことはあるので、残りは飲み会で。笑

次の代は五十嵐がしっかりしたビジョンを持って率いてくれると思うので、安心して引退しようと思います。


最後に、

1年間どうもありがとうございました。みんなの助けがあったからこそ最後まで続けることができました。

お前のためじゃねーよというツンデレな言葉が聞こえてきそうですが、僕はみんなに本当に感謝しています。

僕がいつかの飲み会で言ったように、「常任は死ぬまで常任」だと思ってますので、飲み会、相談etc.いつでも待ってます。

ほんとにありがとうございました!


追記を表示

最近

2009年夏の委員長会議@東大お疲れ様でした。


帰ってきてから、どーも体調が優れません。


一時期毎日のように酒を飲んでいた時もありますが、大量摂取には慣れてなかったせいか、肌荒れまで起こしてしまいましたよ。


男のくせに肌荒れなんざ気にすんなや!!とお思いの方、ちょっとは考え直してみましょう。




鏡をみて、肌荒れによって急に老けたなーと思ったことはありませんか?




びっくりしましたよ。実際。





これが毎日続くと若干心理的に参ってしまいました。。。





まぁ若干ですがねw





女の子であればショックで寝込んでたことでしょう。










ところで、今回の委員長会議はいいことなしの3泊4日でしたよ。

まぁ、他大の人に会えたことはよかったですが。。。



いいことなしの例

GSコールが今後掛かることが予想される。

メタボが大々的に広められた(北大のYさんを中心に・・・)

原宿・渋谷の街でもまれる。(太田のせいによって・・・だと思われる。。。)

ゆうちょのカードを落とす。




と思われたが、仙台に戻って鞄の奥底で発見される。


時すでに、解除していたので遅し。通帳が実家なので、再度開通が絶望的。



実はパスモを落としてたという事実に気づく。




他にもあったような気がしますが、これ以上思い出したくないのでこのへんにしましょう。



次は同じく委員長会議に行ったうちのボス、柴田さんよろしくお願いします。

追記を表示

壮行会ご協力ありがとうございました。

こんばんは。深澤です。書き込むのが遅くなってしまってすみませんでした。

タイトルの壮行会ですが、もう一か月前のことなんですね。
運営を手伝ってくれた常任のみなさん、素晴らしい演舞をしてくれた応援団のみなさん、参加してくれた各部のみなさん、本当にありがとうございました。四賞式典のときもよろしくお願いします。


話は変わって、委員長会議へ参加したみなさんお疲れ様でした。次回、遠征などと重ならなければ参加したいと思っています。
私は委員長会議へ行きませんでしたが、私には一つ気になることがありました。それは、

nana.jpg

この3Dナナ公がどうなったのか?、でした。

私の中ではものすごい完成度だったのですが、実用面では確かに使い道がないことははじめからわかっていました。だから使ってもらえなくてもいいからせめて、感想ぐらいは欲しいと思ってました。東大の人にはどんな風に見えたのか。自分の高校からの技術の蓄積がどんなものか東大の人に見てほしかったわけです。

昨日、O田くんから情報が来て、けっこう評価がよかったのでうれしいです。長かった・・・。


次は砂田くんにお願いします。遅くなって申し訳ありませんでした。

追記を表示

Appendix

プロフィール

jonin

Author:jonin
日陰で日々仕事に励む大学生たち。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる