Entries

あっ どうも はじめまして

はじめまして。常任一年目の五十嵐翔です。



今年の一年生は人数がちょっと多めなので、即行次の人に回そうと思います。







え~っとなんですが・・・・・ 








           






        SとMって言葉ありますよね?















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まぁみなさん言いたいことはあるとおもいますが、











それについて少し感動的なエピソードがあります。



内容は・・・・ 






Sは「SUN」、つまり「太陽」の頭文字



Mは「MOON」、つまり「月」の頭文字





Sなひとは自分で輝いて力を発揮できる人


Mなひとは人に輝かせてもらって力を発揮できる人





・・・・・らしいです。



ちなみに ひすいこうたろうさん という方の 三秒セラピー という本から引用しました。




みなさんはどっちでしょうか?













つぎは、同じ日に体育会室で自己紹介した                                                        


                野元に任せようと思います。



よろしく~
スポンサーサイト

ぼくおりえんのみつもりです。

はじめまして。三森創一朗です。

ブログを回されたのは知っていたのですが、なかなか書けなくてずるずる日にちがたってしまいました。書くネタもたくさんあったはずなんですが忘れてしまっていたのでしょうがないのでオリエンの紹介でもします。

オリエンテーリングとは、森や山ので地図とコンパスを駆使して決められたっチェックポイントをまわる競技です。

よく勘違いされるのですが、登山とかと違って走りますし個人競技です。またチェックポイントにはクイズなどございません。森の中を文字通り爆走します。イメージでは森の中で中、長距離走をするような感じです。

面白いところは、陸上競技と違ってルートチョイスがある分足が遅くても逆転が可能ってとこです。あと個人的にはジュニアの日本代表に一番なりやすい競技のような気がします。それは選考会はほぼ一生に一回きりですしそれ相応の実力も必要ですが、他の競技と違って小さい頃から英才教育でなくてもなることができます。


調子が出てきたので、二高の応援団についてでもかきますw

たぶん下のほうに高校時代のレベルMAX時の写真がアップされてます(たぶん)これは三年生の定期戦と呼ばれる大会の時の写真ですね。
boku

二高は全校応援団体制というものをとっています。なので全員が応援団に強制入団です。しかし、普通の応援団みたいなかんじで応援団幹部というのがありそれが私ですね。基本応援練習は強制です。ときどき生徒総会で強制はおかしいという議題が出ます(へろい一年生など)その時は私の出番です。校則により、二高生は応援団なので団長の指揮のもとに従わなければいけません。団長は応援に対する場合に限り全校生徒を招集できる権限を持っているので提案を一発で跳ねのけることができます。

またうちの応援団の方針として、目立つよりも陰で選手を支えるというコンセプトです(定期戦だけはちがいます)選手たちに頑張ってもらえるよう日頃から鍛錬に励みます。試合中一番大変なのは選手なので応援がへばってはいけません。そのため厳しい練習を行うのです。うちは学校から出て応援し終わってかえるまで水をとってはいけません。これも試合中の選手への配慮です。

ながくなったので、あと適当に書くと。。。

①団長は神聖な存在なので姿を見られてはいけない。
②幹部に会った時は所構わず全力で挨拶しなければならない。
③団長の影を踏んだり前を横切ってはいけない。
④団長は存在を見られてはいけないので、定期戦が終わるまで体育の授業は公認欠席となる。

などいろいろあります。でもいばれますが大変なことも十分にします。
二高の応援団は裏方を徹するのでその点では東北大の応援団よりは常任よりかもしれません。
聞きたいことがありましたら質問してください。また写真は二高応援団のプロモみたいなやつの一部なのでいつか体育館室で上映会でも需要があればしたいですね。


それでは次は卓球部の五十嵐君にまわしたいとおもいます。
五十嵐たのんだぞい。ぽえ~ん

城萩祭を終えて

どうも、一年目の齊toです。

まず旧幹部さんがた、幹部交代コンパでは大変お世話になりました。
(特に僕はつぶれてしまったので)


さて、今日(日付的には昨日)は大学祭の城萩祭というイベントにステージを守る警備員として参加しました。握力がなくなったりしましたが、なんとか生き残ることができてとてもほっとしています。

今日学んだことは警備員の仕事は、守備力より攻撃力が大事だということです。
攻撃力を遺憾無く発揮されている一部の方を見て思いました。


どうでもいい話なんですが今日は警備員を体験したわけですが、ちょうど警備会社に勤めている友人がいまして、本職の警備員がどういう感じか友人の話をもとにまとめてみたいと思います。 (ほんとにてきとーなのであまり信じないでください。)



①  そんなに守ってない  (友人は警報機を交換する仕事らしいです。多分一緒懸命守ってる人もいます。)


②  そんなに攻められない  (あまり敵は出現しないみたいです。)


③  上司が『親方』


④  『親方』は普通の人の五倍仕事ができる


⑤  『親方』は事務もこなす


⑥  『親方』は三日間寝ずに働ける


⑦  『親方』は給料より残業代のほうが高い


⑧  『親方』は数人いるけど、健康診断で全滅


⑨  「親方の上司はなんになんの? 頭領とか?」







   「‥‥‥‥課長」


ほんとどうでもいい話ですいません。 (課長と親方の関係はもうちょっと複雑らしいんですが、どうでもいいことなので省きます。)



それでは、次は「ブログって何?」とか言ってたM森にお願いしたいと思います。

Appendix

プロフィール

jonin

Author:jonin
日陰で日々仕事に励む大学生たち。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる