Entries

どうも。
今年から三年生になりました冨澤です。

突然ですが、春!ということで新しいことを始めました。

何を始めたか、というと…

ハーモニカです!

何か楽器を演奏できたらいいなぁということで始めました。種類はクロマチックハーモニカというものです。
何でハーモニカ?というと、比較的安価で家でも演奏できるし、幼稚園の頃少し吹いたことがあるのでいけるかなと思い選びました。あと動画を見てかっこいいなと思って。
で、吹いて見た結果…これが思っていたより難しい!あと吹きまくってると唇痛いです。
しかしこれまた思ったよりも100倍楽しいです。自分で音を出して曲を作っていく、とても面白いです!まだ下手くそなので全ては味わいきれていませんが、これからが楽しみですね。

現在夜勤中ってのと嬉しさのあまり長文になっちゃいました。すみません。

皆さんも何か新しいことを始めてはいかがでしょうか。
きっと今の生活がもっと楽しく充実したものになると思います!
あんまり読んでる人いないと思いますが、読んでくださった皆さん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

はじめまして 第21回


はじめまして、競技局に就きました渡辺恵利花です。一般として所属しています。
サークルはブルーグラスに入っていて、ベース(コントラバス)を弾いてます。ベースを選んだ理由は、高校のときに部活でチェロを弾いていて低音の魅力にはまったからです。サークル内で飲み会兼発表の場があったり、県外にフェスに行ったり、色んなイベントに参加したり(ジャズフェスなど)、ライブがあったりと楽しく活動しています。
学部は法学部です。法学部はあまり全学サークルに入らない傾向にあるので、先輩がいなくて寂しいです。過去問を買えるとはいえ(販売している自主ゼミがある)、他の学部の人たちが先輩に教わっているのがうらやましいです。法学部の後輩できるといいな!
まだわからないことが多々ありますが、早くお役に立てるよう仕事を覚えていきたいです。よろしくお願いします!

はじめまして 第20回

はじめまして、体育常任委員会事業局並びに学友会競技舞踏部一年の細谷毅と申します。
出身は群馬です。

新歓のときに数ある部活の中でも競技舞踏部は明るい雰囲気でとても魅力的に思えたのでこの部活に入学しました。
サークルでは幻想文学研究会に所属しています。競技舞踏部はみんなイケイケな人々なので、自分はおとなしい性格なのですが、その元気溌剌な振る舞いに付いていくのが大変なのですが、幻想文学研究会はみんな物静かな人々で落ち着きます。

よろしくお願いします。

はじめまして 第19回

はじめまして。ソフトボール部から派遣されて来ました広報局一年の田中 陽樹です。出身は奈良県で中学・高校と同県の東大寺学園という中高一貫の私立に通っていました。東北で暮らすのも人生初の出来事で毎日寒さに悩まされながら何とか生きています。

僕が所属するソフトボール部について少しお話しさせてもらうと、部員は一年生が六名、二年生が七名の計十三名というカツカツの状況です笑
さらにはマネージャーが誰一人いないという中々厳しい現状で細々とやっております。ですが少人数故の和気藹々とした雰囲気を僕はとても気に入っており、また勝負事に関しては部員が皆真剣な所もアピールポイントの一つです。途中入部も大歓迎なので是非是非一度足を運んで見てください(^_^)

それでは、以後宜しくお願い致します。

はじめまして 第18回

はじめまして。柔道部から来ました、事業局1年の月岡早瀬です。出身は静岡県の長泉町という小さな町で、高校は静岡学園高校という私立の学校に通っていました。スポーツが盛んな学校なので、名前を聞いたことのある方もいるかもしれませんね。所属は理学部「魔の」数学科です。「数学科=変人」というイメージがあるかもしれませんが、皆さんご存知の通りごくごく普通の大学生ですよ!異論は認めません。最近はテストに追われて、口を開けば「腹減った」「眠い」「柔道やりたい」しか言わなくなり、いかに期末テストが学生の精神を蝕んでいるかを実感しています。

柔道は小学1年生の頃からやっています。日に日に太っていく僕を見た親が「なにか運動をさせなきゃまずい」と考えて始めさせられた柔道ですが、完全に虜になり、気が付いたらもう人生の半分以上やっています。長く続けていれば強くなるかといえばそんなこともないのですが、幸い体格に恵まれているので、柔道を嫌いになることもないまま楽しく続けています。たいした成績はおさめていませんが、いつか才能が開花するのを信じて日々の稽古に打ち込んでいます。

さて、先にも触れたとおり僕は数学科に籍を置いているわけですが、そもそも高1の頃までは法学部に進んで司法試験に合格するのが夢でした。それならなぜ今あんな魔境にいるかといいますと、当時の担任に「君は数Ⅲまで勉強したほうがいいよ!いやむしろ数Ⅲまで勉強しなきゃダメだよ!」と説得され、文理選択のときに理系を選んだしまったのがきっかけです。結果、その先生は3年間ずっと担任のままで、そしてその先生の後を追うように同じ大学、同じ学部、同じ学科に来てしまいました。僕の兄もここの数学科なので、どうやら東北大学理学部数学科とは切っても切れない縁があるようです。

実は柔道部内のじゃんけん大会で負けて常任委員会に来たわけですが、人間関係が広がって純粋に喜んでます。仕事も自分にできる限り全力で取り組んでいく所存です。いかんせんコミュ障で話もつまらない僕ですが、これからどうぞよろしくお願いします。

Appendix

プロフィール

jonin

Author:jonin
日陰で日々仕事に励む大学生たち。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる